無料ブログはココログ

最近読んだ本

« 江戸特捜指令 | トップページ | マジックショー »

2007年5月 3日 (木)

手品のプラモデル

Photo_15以前、マジックメーカーのトリックスから、「マジックモデルシリース」という名前で手品のプラ モデルが発売されていました。

ラインナップは、

  • 「黄金のガイコツ」
  • 「魔剣とドクロ」
  • 「恐怖の館」
  • 「霊感ダイス」

の4種類。マジックと、子供の大好きなプラモデルを組み合わせた異色のシリーズです。カタログによれば「作る楽しさと、遊ぶおもしろさをミックスした新しいタイプの製品」だそうです。今思うとチャレンジャブルな企画商品だなぁ。^_^;

当時私が購入したのは、「霊感ダイス」を除く3種類。そのうち、我が家に現存する2種類をご紹介しましょう。

Photo_16 「黄金のガイコツ」

箱の中にドクロがあるのを示したあと、前面の蓋を閉じ、5本の剣を箱に刺します。蓋を開けると中のドクロは消えていて、剣だけが通っています。蓋を閉め剣を抜き、再び蓋を開けると消えたドクロが現われます。「ヘッドレスクイーン」として知られるステージマジックをそのままミニチュア化したもの。よくできています。

Photo_17 「魔剣とドクロ」

ドクロ柄のプレートを箱に入れ蓋を閉め、上から5本の剣を刺します。剣は箱を貫通して剣先が箱の下まで出ていますが、剣を抜いて蓋を取ると、中のプレートに異常はありません。「黄金のガイコツ」はステージマジックを忠実にミニチュア化したものですが、こちらは逆に「スパイクコイン」などの名で知られるクロースアップマジックの道具をステージマジック風にデザインし直したものです。

このシリーズ、出来は悪くないのですが、かさばるのでポケットに入れて気軽に持ち歩く、というようなことができません。そこらへんがいまひとつシリーズが続かなかった原因のような気がします。

« 江戸特捜指令 | トップページ | マジックショー »

トリックス」カテゴリの記事

マジック」カテゴリの記事

マジックグッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211343/14922022

この記事へのトラックバック一覧です: 手品のプラモデル:

» 恐怖の館/恐怖の館 [トレンド・キーワード]
「恐怖の館」 に関する流行を追いかけよう!恐怖の館 に関するいろんなものを集めてみました! 恐怖の館 に関する情報をゲットしよう! 恐怖の館 関連のアイテム 恐怖の館へようこそ840 円 恐怖の館560 円 HiHO presents 恐怖の館2625 円 図書館版日本恐...... [続きを読む]

« 江戸特捜指令 | トップページ | マジックショー »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り手品製品