無料ブログはココログ

最近読んだ本

« Stickyfingers | トップページ | Reflect-O-Matic Knife set »

2007年6月 2日 (土)

科学のふろく

学研の学習雑誌、「科学」には、「科学教材」としてマジック関係のネタが付録としてついてくることがあります。今日はそんなマジック系の付録をご紹介しましょう。

ちなみに「科学」の付録は、大体毎年同じ時期に同じものがつくので、ほとんどの付録は買い逃しても1年待てば手に入れることが出来ます。

1_12まずは「1年の科学」の付録「おとし玉マジックふくぶくろ」。コインを使ったマジック5点セットです。セット内容は以下の通り。

  • 「まっさらさら」 コースター?にかぶせた透明カップの中にお金が出現します。
  • 「ぐさりのつぼ」 ケースに入れたコインに剣を刺します。いわゆるスパイクコインといわれるネタです。
  • 「おとしぶた」 ビー玉が5円玉の穴を通り抜けます。手品本でよく紹介されている、5円玉で蓋をした瓶にビー玉が入ってしまう、というアレです。
  • 「とれんかね」 ケースからコインを取り出すパズルです。これと同じ原理のもの。
  • 「どっちばこ」 3箇所に仕切りがあるケースのどこかにコインを入れてもらい、蓋をした状態でどこにコインがあるかを当ててしまいます。

1_10こちらは「2年の科学」の付録、「魔法のハンカチ」。

いわゆる「おばけハンカチ」です。ハンカチが硬いのでちょっと扱いづらいです。

面白いのは、タネが取り外しできるようになっており、普通のハンカチとしても使用できる、という点。また絵柄は騙し絵になっており、いろいろと遊べるようになっています。

2_21 同じく「2年の科学」の付録、「ふしぎびっくり!かがみの家」。

タイトルがおもいっきりネタバレになっています^_^;

空の箱から紙テープが出てくる、箱の中にオバケが現われる、箱に入れたコインが消える、などの演じ方が解説されています。

Photo_58続いては「3年の科学」の付録、「じしゃくの魔法」。

これもおもいっきりネタバレなタイトルですね。

  • 「マジカルステッキ」 円盤がステッキに張り付いてくるくる回りながら上っていきます。「木登りテントウ虫」と同じ原理ですね。
  • 「ミステリーボックス」 出現・消失用の小箱です。おなじみのネタですね。
  • 「ミラクルミイラ」  棺桶からミイラが飛び出します。

6_1 こちらは「6年の科学」の付録、「超魔術トランプ」。

なんと14種類のマジックが出来るようになっています。

無地のカードに透明なシートをかぶせるとマークが浮き出る「カードが変わる!」が不思議です。どうなってるんだ?これ^_^;

« Stickyfingers | トップページ | Reflect-O-Matic Knife set »

マジック」カテゴリの記事

マジックグッズ」カテゴリの記事

コメント

ほとんど、ディーラーズアイテムですね、恐るべし学研・・・

付録なんでつくりはチープですが、面白いものが多いですね。

今の学研の学習雑誌ってこんなに面白いのがあるのですね。
6年の科学は下記を見て買った事があります。
http://www.hirax.net/dekirukana3/gakken/
(ただ、雑誌の薄さにビックリしました)
他のも欲しくなりました。
特に「おとし玉マジックふくぶくろ」がいいなぁ。

>>MISDIRECTIONさん
リンク先拝見しました。「モアレ」ですか~(←あんまりよくわかってない^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211343/15284121

この記事へのトラックバック一覧です: 科学のふろく:

« Stickyfingers | トップページ | Reflect-O-Matic Knife set »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り手品製品