無料ブログはココログ

最近読んだ本

« プロフェッショナルコインマジックシリーズその2 | トップページ | 天地の秘密トランプ »

2007年11月23日 (金)

The Imagination Tester

Photo 術者は、想像力を測るテストをする、と言って四角い枠に黒いかんぬきが通っているように見える折り紙を取り出します。この折り紙を開くと、部分的に黒く塗られた切れ目の無い1枚の紙で出来ているのがわかります。紙を再び元のように折り、観客にかんぬきが本物であることを強くイメージしてもらい、かんぬきを引っ張ってもらうと、枠から抜けてしまいます。

マイケル・クローズ氏の作品です。以前、テレビでMr.マリック氏も演じたことがあるので、ご覧になったことのある方もいらっしゃるでしょう。

「そのように見える」だけのものが、本当にそのようになってしまう、という奇妙な味わいのマジックです。

Photo_2 こちらも同趣向の作品。ジェレミー・シェーファー氏とケン・マーチン氏による「フュージョンループス」。

白い紙と黒い紙を1枚ずつ、細長く折り畳みリング状にします。この2つを封筒に入れ、再び取り出すとリンキングリングのように2つのリングはつながっています。さらにこの2つのリングを広げると、白黒に塗り分けられた1枚の正方形の紙になってしまいます。

上記の「イマジネーション・テスター」が1枚の紙で折ったものが分かれる、という現象なのに対し、こちらは2枚の紙で折ったものが1枚に融合してしまう、という現象になっています。「イマジネーション・テスター」はどちらかと言えばスライハンド系ですが、こちらはスイッチに封筒を使うため、簡単に演じることが出来ます。しかしその分、封筒に疑念が抱かれやすいので、痛し痒し、というところでしょうか。

« プロフェッショナルコインマジックシリーズその2 | トップページ | 天地の秘密トランプ »

マジック」カテゴリの記事

マジックグッズ」カテゴリの記事

コメント

フュージョンループスは、紅白に置き換えて結婚式でも演じました。技術屋さん向きでご婦人方やお子様方には繋がるところの方が不思議みたいです。あとから結婚式ですからビデオで見かえしてみて再度聞きにくる方もいらっしゃいました。その場では不思議さがすぐ伝わりにくいみたいですね。

イマジネーションテスターは、去年のお正月たくさん作って遊びました。一度決定版を作ればあとはポケットに入れてとけばいつでもどこでもできる即席性が魅力ですね。クローズ師の才能に脱帽。

>マギーカートン
確かにこの手のマジックは漫然と見ていると現象が理解できないかもしれませんね。

>ブルーさん
はじめまして。確かに、単に変わった折り紙というだけでなく、しっかりとマジックに仕上げたクローズ氏の手腕には感心させられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211343/17165700

この記事へのトラックバック一覧です: The Imagination Tester:

« プロフェッショナルコインマジックシリーズその2 | トップページ | 天地の秘密トランプ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り手品製品