無料ブログはココログ

最近読んだ本

« カラフルナイトメアー | トップページ | 第50回テンヨーフェスティバル »

2008年9月22日 (月)

2009テンヨー新製品

テンヨーフェスティバルで本年度の新製品を購入したのでご紹介。以下考案者の敬称は略。

Photo 「魔法のフレーム」 考案:増田智明 ¥1,890

術者は、ピノキオはウソをつくと鼻が伸びる、という話をしながらピノキオの絵が入った額縁を取り出します。すると、額縁の中のピノキオの鼻が徐々に伸びてゆき、そして、また短くなります。額縁の中からピノキオの絵を取り出して改めますが、ただの1枚の印刷された紙で怪しいところはありません。

額縁(フレーム)は手渡し不可。鼻がもうちょっと長く伸びるとよいのですが、タネの都合上これはしょうがないところ。テンヨー製品なので、普通の紙への「スイッチ」はてっきりメカニカルな方法で行なうのかと思いきや、思いっきりアナクロな方法でした^_^;

演出次第ではいろいろと遊べそうです。「ウソ発見器」のような使い方をしてみるのも面白いかも。

Photo_2 「よみがえる新聞紙」 新しい機構の考案:小宮賢一 ¥1,575

新聞紙を細かく破りますが、一瞬で復活してしまいます。

原理自体はお馴染みのものですが、糊やハサミなどは一切使わず、新聞紙と付属のギミックだけあれば演技ができるようになっています。そういう意味では非常に実用的。

Photo_3 「シンクロボックス」 

考案:ボブ・オースティン 新しい機構の考案:近藤博 ¥1,470

2つの箱(マッチ箱?)の内箱を抜き出し、よく改めます。内箱をもとに戻しますが、片方の箱の内箱は引き出しておきます。2つの箱を写真真ん中のように並べ、一方の内箱を押し込むと、もう片方の内箱が開きます。箱と箱の間にカードを挟んだり、写真下のように、上下に持って持っても、一方の内箱を押し込むと、やはりもう片方の内箱が開きます。最後には2つの箱を離してもやはりシンクロして内箱が動いてしまいます。

考案者からの正式な許可を得ての初の商品化だそうです。っていうことは今まで商品化されたのは全てコピーってことか。

で、ギミックが内蔵式になっているのがいかにもテンヨーらしいです。ただ、その為、内箱がプラスチック製でそこが怪しいといえば怪しいですが、よくできていてちょっと触ったくらいでは気がつかれないでしょう。

Photo_4 「バニシングポイント」 考案:小宮賢一 ¥1,980

台の上にボールを置きます。ボールにトランプを立て掛けてカバーし、後ろには厚紙のカバーを立てます。次の瞬間、ボールは消えてしまい、テーブルの下から現れます。

アリバイ(というかこの場合は「不在証明」ではなく「存在証明」か)の部分の原理自体は前からあるものなので、マジックをされている方であれば何となくタネの推測はつくのではないかと思いますが、細かい点でいろいろとよく考えられています。

Photo_5 「マジカルドア」 考案:鈴木徹 ¥1,980

中央に「鍵穴」の開いた2枚のプレートをスタンドに立て、間にチェーンを通し、鍵穴に鍵を差し込みます。この状態でチェーンが鍵を貫通してしまいます。今度は、プレートの上に鍵を置き、チェーンでプレートと鍵を二重に巻きますが、チェーンの両端を持って引っ張るとチェーンはプレートと鍵を貫通して外れてしまいます。

1段目はデモを見てちょっと引っかかりました。シンプルな原理ですが、効果的です。2段目はちょっとイロジカルな部分があるので気がつく人は気がつくかな。(私も2段目を見て1段目のタネがわかりました^_^;)

今回の新製品、カテゴリーとしては「魔法のフレーム」がマジックテインメントシリーズ、「よみがえる新聞紙」がワールドグレイテストマジック、残りの3点が解説DVD付きの新マジックテインメントシリーズということになっているようです。「シンクロボックス」はワールドグレイテストマジックかと思っていたのですが、基準がいまひとつよくわからないなぁ。

« カラフルナイトメアー | トップページ | 第50回テンヨーフェスティバル »

マジックグッズ」カテゴリの記事

マジック」カテゴリの記事

テンヨー」カテゴリの記事

コメント

テンヨーマジックフェスティバル,夜の部に行きました(^-^)
今年も,楽しい新製品が出ましたね!
シンクロボックスとマジカルドアが気に入りました。シンクロボックスは,機構が良く工夫されていましたし,マジカルドアは推測してみたものの実現手段が読めず,現物を見て感心させられました!

期待通り、早速ご紹介ありがとうございます。(^^
私は見た目の面白さにひかれやすいので、「魔法のフレーム」と「バニシングポイント」は絶対欲しいなと。
「シンクロボックス」はマッチ箱というわけではないようですが、こうなるとなんと説明したらよいのでしょう?魔法の箱でいいのでしょうか?

> M.Itoさん
「シンクロボックス」は流石テンヨー、といった商品ですね。良くできてますね。「マジカルドア」は欲を言えば携帯用のケースが欲しかったなぁ。

>jpmagicさん
「魔法のフレーム」は演出でいろいろと遊べそうですね。「バニシングポイント」は観客と向かい合わせでないと演じられないので、演じる場は限られそうです。
「シンクロボックス」はどう見てもマッチ箱ですが、解説書には「箱」としか書かれていません^_^;

私は魔法のフレームとマジカルドアを
購入しました。
フレームはなかなかいいと思いましたよ~
妻様にやって見せましたら驚いてもらえました。

魔法のフレームは、高島屋新宿店のビリーさんが考案したそうですよ。

>彦一さん
「魔法のフレーム」は思ったよりもシンプルな構造で、それも少し意外でした。

>アオサギさん
すみません。解説書にはちゃんとカッコ書きで「ビリー」という芸名?の記載もありました(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009テンヨー新製品:

» ギャラン・シグマ 中古車 [ギャラン・シグマ 中古車]
●ギャラン・シグマ 中古車♪ [続きを読む]

» トランプの無料オンラインゲームをやろう! [トランプの無料オンラインゲームをやろう!]
無料のトランプオンラインゲームを探しているならココ!登録してスグに遊べる。オンラインの世界でトップを目指せ [続きを読む]

» マジックとは [マジックのタネ明かしcom]
マジックとは、日本語では奇術や手品といい、錯覚や思い込みを利用し、タネを用いながらも実現できないことができているかのように見せる芸能のこと。奇術を演じる人のことを手品師やマジシャンともいう。マジックの…... [続きを読む]

« カラフルナイトメアー | トップページ | 第50回テンヨーフェスティバル »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り手品製品