無料ブログはココログ

最近読んだ本

« ニュー・ウェーブ・プリディクション | トップページ | 第51回テンヨーマジックフェスティバル »

2009年9月 7日 (月)

2010テンヨー新製品

2010 昨日(9月6日)開催された「第51回テンヨーマジックフェスティバル」に行ってまいりました。例によって今年の新製品5点を購入したので、ご紹介します。

以下、カッコ内は考案者(敬称略)と定価。当然ですが、まだ一度も人前で実演はしてないので、あくまでもタネを見ての感想ということで。

Photo 「小さくなるペン」(稲葉尚久 1,470円)

観客に、手のひらが上を向くようにして片手を出してもらい、その上にハンカチを被せます。術者はペンを取り出し、ハンカチの中に入れ、ペンの尻の部分が観客の手のひらに触れるようにして立て、もう一方の手でハンカチ越しにキャップをつまんでもらいます。観客がキャップを下に押すと、ハンカチの中でペンはどんどん短くなってゆきます。ハンカチを取り除くと、ペンは本当に短くなっています。

「小さくなった」ペンは少しぐらいなら調べられても大丈夫。ペンが小さくなる感触を観客自身が体感できるというのがミソ。面白い。これはタネを知る前に「体感」したかった。今回の新製品の中では一番気に入りました。

Photo_2「イリュージョントラック」(熊澤隆行 1,575円)

ミニチュアのトラックの荷台にライオンのフィギュアが入っています。このフィギュアを取り出し、ハンカチの中に入れると消えてしまいます。消えたライオンは突然、空のトラックの中に出現します。

コンセプトは面白いと思いますが、ライオンのフィギュアがちっちゃすぎるのがなぁ……。どう見てもトラックの中にライオンが隠れられそうなスペースがあるし。いや、トラック、遊んでいて楽しいんですがね。

Photo_3 「チャイナサプライズ」(小川心平 1,890円)

ティッシュを手の中に押し込んでゆくとシューマイになってしまいます。「シューマイトリック」の名で知られるネタですね。まさかこのネタがテンヨーから発売されるとは。

シューマイのフチの部分が少し出っ張っていて、その部分を指で挟んでパームが出来る、というあたりの改良がいかにもテンヨーらしいです。バックパームもできるぞ(してどうする)。

Photo_4 「ミリオネアドリーム」(小宮賢一 1,890円)

四つ折りにした千円札から100円玉が出てきます。この100円を取って紙袋に入れます。同じようにして4枚の100円玉が出現します。最後に出現した100円玉を手に取ると、一万円札に変化してしまいます。

現象はトリックスの「ジャンジャン出てコイン」と似ていますが、お札のギミックの他に仕掛けのある紙袋を使用することにより、コインの「量産」に説得力を持たせています。この製品のみ解説DVD付き。

Photo_5 「フローティングカード」(アンジェロ・カルボーン 1,680円)

1組のデックを表向きに広げ、観客に好きなカードを1枚選んで抜き出してもらいます。残りのデックを裏向きにしてその上に観客のカードを表向きにして置きます。術者がオマジナイをかけると、観客のカードがゆっくりと浮かび上がります。観客のカードの下にあるカード(デックのトップカード)を取っても、浮いたままです。そしてまた、観客のカードはゆっくりと元に戻ります。

バイシクルのレギュラーデックとギミックのセット。ディーラー限定商品以外でバイシクルのデックを使ったのはこれがはじめてではないでしょうか。フローティングの基本的な原理はダン・ハーラン氏の「ホバー・カード」のそれと似ていますが、術者が何もしていない(ように見える)のにカードが浮かび上がったり、すぐ下のカードを取っても浮いたままだったり、といろいろと不思議でした。

その他にブースでは限定商品として、「テンヨーエリート」の商品一作目「ムーンスピナー」(「ファジィコイン」のリメイク)も販売されていましたが、8,400円(元値は100ドル!)というお値段だったので、悩んだ挙句購入は見送りました^_^;

« ニュー・ウェーブ・プリディクション | トップページ | 第51回テンヨーマジックフェスティバル »

マジックグッズ」カテゴリの記事

マジック」カテゴリの記事

テンヨー」カテゴリの記事

コメント

時折り、拝見しています。
とてもすてきなサイトですね。
しかも、内容が面白いですし、参考になります。

これからの更なる、このサイトの
反映をお祈り致します。
がんばってください。

それでは、失礼します。

早速ご紹介ありがとうございます。
イリュージョントラックは、ちゃっちいのはライオンだけかと思いきやトラックもちょっと・・ですね。でもおもしろそう。
これと、小さくなるペン、フローティングカードは買おうと思ってます。
それにしても、テンヨーエリートって高すぎませんか?

>通りすがりの者さん

コメント有難うございます。
最近は更新サボりがちですが、もう少し頑張りたいと思います。(汗

>jpmagicさん

本文でも書きましたが、新製品では「小さくなるペン」がお気に入りです。
「テンヨーエリート」のシリーズは生産数が少ないので仕方がないのかもしれませんが、ちょっと高いですね。「テンヨー大好き」で意気投合したおっちゃん達がテンヨー製品をリメイクするためだけに会社を興した、ってのはいい話だと思いますが。

こんにちは~
いつも楽しく拝見させていただいてますよ~
私は今まで ず~っと続けてテンヨーフェスティバルに行ってたんですが、今年は都合が悪くて
行けませんでした・・・
ショーの内容はいかがでしたか?
ゲストマジシャンは誰だったのでしょうか?
(^^♪

新庄彦一さん、コメント有難うございます。

今年のメインゲストは2003年のFISMで入賞されたミルコさんでした。ファンタジックで素敵でした。
ちょっと遅くなりましたが、ショーの内容も先ほどUPいたしました。

「小さくなるペン」ですが、おもちゃショーで実際に体感してきました。
本当に不思議な感覚でした。
現象がユニークで今回の新製品では私も一番気に入ってます。
ただ、一対一で見せないとあまり意味がないんですよね。
観客がサクラの場合でも同じ現象が出来ちゃいますから。

MISDIRECTIONさん

実際に「体感」できたとは羨ましい!

>ただ、一対一で見せないとあまり意味がないんで
>すよね。

確かにあれは実際に体感した人以外には不思議さが伝わりにくいですよね。

お初です。

フローティングカードは絶対買いたいですねー!
なにせバイシクル柄なんですから。

456poiyさん、はじめまして。

テンヨー製でバイシクルのギミック、というのにはちょっと驚きました。
あと、他所のメーカーだったらギミックのみの販売になりそうなところですが、レギュラーのバイシクル1デックがついてくる、というあたりは流石テンヨーですね。

昨日テンヨーから任意で発売となりましたが、それにしてもすごいですよ。今全部売り切れ状態です。

それにしても、テンヨーエリートは高すぎますねえ。ムーンスピナーの他にフォーチュンスティックも出るみたいですけど、どちらも表面処理をしたアルミで造られていて、革製のキャリングケースに入っているだけの違いですよ。

買う気なんて起こりゃあしませんねぇ。

早速売り切れですか。さすがテンヨー。

テンヨーエリ-ト、値段を聞くまでは買う気満々だったのですが^_^; 50ドル位だったらなぁ。
パーツが多いブルークリスタルやコインパニックなんかはもっと高くなりそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010テンヨー新製品:

« ニュー・ウェーブ・プリディクション | トップページ | 第51回テンヨーマジックフェスティバル »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り手品製品