無料ブログはココログ

最近読んだ本

« 2010テンヨー新製品 | トップページ | ダブルショッキング »

2009年9月 9日 (水)

第51回テンヨーマジックフェスティバル

51 新製品の紹介が先になりましたが、テンヨーマジックフェスティバルのショーの内容についてもレポしてみます。

私が参加したのは昼の部。客席には島田晴夫氏やロザンダー氏、瀬島順一郎氏などのお姿が見えました。ところで、テンヨースタッフの方に伺ったところ、例年昼の部の方がお客さんの年齢が高めで、そのせいかリアクションは夜の部に比べて大人しいそうです。出演は以下の方々(敬称略)。

第一部

  • 亜羅仁&有加
  • 鳩出し~鳥篭が女性に変化・ジャンボスリーカードモンテ・人体交換など、軽快な演技。

  • 齊藤駿
  • 楽譜や音符をモチーフにした独創的な手順でしたが、スチールがちょっと気になりました。

  • 田中大貴
  • パラソルプロダクション。プロになられたとのことで今後のご活躍が楽しみです。

  • KAZUHO
  • ボール、リング、クラブを使ったトスジャグリングなど。オープニングのラケットを使ったデビルスティックのような演技や、ボールとそのケースを使ったトスジャグリングがユニークでした。

  • 麻友子
  • 不思議の国のアリス調のボールやカードの演技。にこにこしながら難しいことするなぁ。昨年のJAPAN MAGIC CONVENTION 2008で拝見した時とは若干構成が変わっていてパワーアップした感が。ボールを二回落としたのがちょっと残念ですが、動じず演技をされたのは流石。

    休憩の前にジュニアマジシャンコンテストの発表(グランプリは柳川侑一郎さんでした。おめでとうございます)と新製品の紹介。

    第二部

  • ゆみ
  • おなじみのFISM演技。ボールとカードという素材は一部に出演された麻友子さんと同じですが、演出が違うので、全く違った印象。心洗われる演技でした。

  • ムッシュ・ピエール
  • ステージ上でクロースアップの演技。観客はステージ両脇にあるスクリーンで演技を見る、という方式。コインボックスを使った貫通現象や、サインカードの移動など。ミスもギャグでリカバーするのは流石です。

  • Mirco
  • シャボン玉を使ったファンタジックな演技。素敵な演技でした。

    また、幕間や休憩時間中も、大友剛氏による演奏や、KAZUHO氏のバージャグリングなどがありました。観客を退屈させない工夫には感心しました。

    « 2010テンヨー新製品 | トップページ | ダブルショッキング »

    イベント」カテゴリの記事

    テンヨー」カテゴリの記事

    マジック」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211343/46160859

    この記事へのトラックバック一覧です: 第51回テンヨーマジックフェスティバル:

    « 2010テンヨー新製品 | トップページ | ダブルショッキング »

    2018年10月
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      

    お気に入り手品製品