無料ブログはココログ

最近読んだ本

« ジャンピングカード | トップページ | 第3回菅原茂創作奇術講座 »

2010年4月 1日 (木)

午前零時のサンドリヨン

1_2 先日書店の雑誌コーナーをぶらぶらしていたら、「午前零時のサンドリヨン」の文字が目に入ってきました。ミステリ特集か何かかな?と思って雑誌を手に取ってみたらアニメ誌。アニメには疎いので全く知りませんでしたが、「午前零時のサンドリヨン」、アニメ化されるのですね。

一応ご存じない方のために説明しておくと、「午前零時のサンドリヨン」は、相沢沙呼氏による連作ミステリ小説で、第19回鮎川哲也賞の受賞作。女子高生マジシャンの酉野初(とりのはつ)が、学園内で起こった奇妙な「事件」の謎を解いてゆくというストーリー。作中、トライアンフやワイルドカードなどのマジックが魅力的に描写されており、なおかつそれらのマジックが各エピソードと密接に関連している、という構成は多くの手品ファンから喝采を浴びました。

2 スタッフ・キャストは以下の方々だそうです。

監督 : アミノテツロ  
脚本 : 小林靖子
音楽 : 梶浦由記

酉野初 : 能登麻美子
須川 : 野島健児
八反丸芹華 : 柚木涼香
飯倉静香 : 南里侑香
徳永裕美 : 小清水亜美
瑠璃垣蘭子 : 伊藤静
藤井綾香 : 岩男潤子
十九波 : 藤原啓治

原作で描写されている「実在するマジック」が、アニメーションでどのように表現されるのか、期待半分、不安半分といった気持ちです。また、雑誌の記事によれば、アニメオリジナルのエピソードもあるそうで、こちらの内容も気になります。でもキー局がテレビ東京なので、私の住む静岡で放送されるかどうか微妙なんですよね^_^;

本気にした方はいらっしゃらないと思いますが、エイプリルフールネタでした。

フェイクの新番組紹介記事は本当は見開き2ページくらいで作りたかったのですが、スキル不足でした(´・ω・`)

あと、キャスティング、イメージ違うぞ(゚Д゚)ゴルァ!とかいう突っ込みはナシで^_^;

« ジャンピングカード | トップページ | 第3回菅原茂創作奇術講座 »

エイプリルフール」カテゴリの記事

コメント

飯倉さんに手を捩じ上げられる回だけは、出崎統脚本・演出で劇的にやって頂きたい。

「作中のコイン、絵的にWLなのに、音が違う!」とか「模様の都合でBeeにしたんだろうけど、リフルした時にあんな音しねーよ」等の大人気ないツッコミを毎週してしまうに100セリカ…じゃなかった、ペリカ。

酉乃が念能力を会得する回はありますか?w

あぶなかったー、だまされるとこだった。
うまい!

>きょうじゅさん

腕をつかまれる瞬間を3回くらいリピートした後止め絵、みたいな感じでしょうか、出崎演出回。念能力はアニメオリジナルエピソードの回で出てくるみたいですよw

>匿名さん

フェイク記事の画像はもう少し作り込みたかったのですが、スキルが足りませんでした(汗

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211343/47954692

この記事へのトラックバック一覧です: 午前零時のサンドリヨン:

« ジャンピングカード | トップページ | 第3回菅原茂創作奇術講座 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り手品製品