無料ブログはココログ

最近読んだ本

« 時差時計 | トップページ | 第48回横浜マジカルグループ発表会 »

2010年5月20日 (木)

You Will Take a Red Card

Photo_2

術者は、6枚のトランプを裏表互い違いにして卓上に並べます。観客にサイコロを渡してよく改めてもらったら、心の中で「赤を選ぶ!」と強く思って振ってもらいます。観客が振ったサイコロの目をもとにカードを1枚選びますが、そのカードこそが唯一の「赤いカード」で、それ以外の5枚は全て「黒いカード」です。

手品を始めてそう間もない頃に購入したネタで、商品名は「赤を選ぶダイス」。解説を読んで「こんな方法があるのか」と、その当時大いに感心した覚えがあります。思えば「マルチプルアウト」という概念は、このマジックで初めて知ったような気も。説明書にはクレジットが一切なかったので、このマジックの考案者がかのダイ・バーノン氏だと知ったのはそれから随分後になってからのことです。

ところで私の所属する手品クラブでは、発表会には「お土産手品」を付けるようにしています。お客さんは基本的に非手品人でなおかつ予算の都合もあるので、簡単に演じることが出来てなるべく安価に製作できる、というのが「お土産」の条件になってくるのですが、ここ何年かは年2回ペースで発表会を開催しているので、だんだんネタが尽きてきまして、今年はどうしよう(゚ー゚; と思っていたときにフト、この「赤を選ぶダイス(原題は「You Will Take a Red Card」)」が頭に浮かび、ちょっとアレンジしたものを作ってみました(下の写真)。

2_5

自分なりの「工夫」も付け加え、まぁ悪くない出来かな、と思っていたのですが、実際にお客さんに配って解説したら「ちょっと難しいね」という声がありました。手品ズレしちゃうとそういう感覚が判らなくなっちゃうんだよね^_^; 気をつけなければ。

« 時差時計 | トップページ | 第48回横浜マジカルグループ発表会 »

マジック」カテゴリの記事

マジックグッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211343/48404843

この記事へのトラックバック一覧です: You Will Take a Red Card:

« 時差時計 | トップページ | 第48回横浜マジカルグループ発表会 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り手品製品