無料ブログはココログ

最近読んだ本

« 第13回ICMコンベンション その2 | トップページ | ポール・ウィルソン浜松レクチャーのお知らせ »

2012年9月24日 (月)

2013テンヨー新製品

2013_2 昨日(9月23日)、日本橋の三越劇場で開催されたテンヨーフェスティバルにて本年度のテンヨー新製品4点を購入してまいりましたのでご紹介します。カッコ内は考案者名(敬称略)です。

・ゴッドハンド(ルーバー・フィドラー)

丸いトレイの上に4つに切断されたカードがあります。カード片に手をかざすと、3枚のカードがつながってしまいます。さらに、残ったカード片の上に手をかざすと全てがつながり、完全な1枚のカード になってしまいます。カードとトレイはそのまま観客に手渡して調べPhoto てもらうことができます。
デモを見てすごく不思議でした。天才フィドラーらしいアイデアだと思います。ただ、演技はトレイの上に4枚のカード片が乗っている状態から始めなければいけないので、ちょっと不自然に思われるかも(^_^;)

Photo_2 ・魔法のメモパッド(稲葉尚久)
メモパッドに丸い穴の絵を描き、そこにコインを押し当てると、コインは消えてしまいます。絵を描き足し、バケツの絵にします。別のコインを絵に押し当てると、チャリンという音がして消えてしまいます。3枚目のコインも同様に消えてしまいます。絵を描いたメモ用紙を破りとり、観客に調べてもらいますが、怪しいところはありません。
パッケージを開けたら予想外のものが出てきてちょっとびっくりしました(^_^;)。なかなかユニークなギミックです。スライハンド的なテクニックや引きネタなどを使えば同じような現象を行なうことは可能なのでしょうが、メモパッドのギミックのみで現象を成立させられるように考えられているのが新しいところといえるでしょうか。ただ、ギミックの都合上、現象に比して大きめのメモパッドを使用しなければならないところが難点といえば難点でしょうか。なお、ギミックは簡単に装着できるので、附属のメモパッドを使い切ったら、市販の同サイズのメモパッドで演技が可能です。

Photo_3 ・クリアサプライズ(熊野隆行)
透明な封筒と2枚のトランプを観客に示します。封筒の前後をトランプでカバーし、クリップで留めます。オマジナイをかけると、空だったはずの透明封筒の中からお札が出てきます。
透明な封筒を使うことによって不可能性が高まっているように見えて実は、封筒が透明なことがトリックを成立させるための要件になっている、というあたりが面白いところだと思います。道具もかさばらずセッティングも簡単なので、気軽に演じることができると思います。

Photo_4 ・ミラクルスルーコイン

透明なコップをコースターの上に伏せて置いておきます。コインを1枚取り、コップの底に押し付けるとコインは底を貫通してコップの中に入ってしまいます。
本当にコインがコップの底を貫通して上から落ちてきたように見えます。原理自体は目新しいものではありませんが、道具は非常によくできています。ちょっと手に取ったぐらいでは恐らく仕掛けに気がつかないでしょう。なお仕掛けの部分は100円玉仕様。説明書では難しいテクニックを使用しない演じ方が解説されていますが、スライハンド的なテクニックを組み合わせた手順を考えてみるのも面白いかもしれません。

« 第13回ICMコンベンション その2 | トップページ | ポール・ウィルソン浜松レクチャーのお知らせ »

テンヨー」カテゴリの記事

マジック」カテゴリの記事

マジックグッズ」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝読。
抽選で当たったので15年ぶり位で、テンヨーのショーに、行ってきました。会場の売り場にて4点セットの詰め合わせを、購入。特価5300円也。
さっきからゴソゴソ弄りまわしておりますが、ダントツの優れものは「ミラクルスルーコイン」ではないでしょうか。これ一個で5300円の値打ちがあります!!自分でやってその現象の鮮やかさ、リアルさに、びっくりし、感激しました。これが定価1260円とは、さすが世界のテンヨーですね。
超お勧め品と申し上げます!!!!
考案者のお名前の無いのは何故?

ミラクルスルーコインは凄く良く出来ていますよね。私も自分でがちゃがちゃいじってみて感心しました。
考案者名が無いのは原理自体は以前からある為じゃないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211343/55732444

この記事へのトラックバック一覧です: 2013テンヨー新製品:

« 第13回ICMコンベンション その2 | トップページ | ポール・ウィルソン浜松レクチャーのお知らせ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り手品製品