無料ブログはココログ

最近読んだ本

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月に作成された投稿

2017年2月21日 (火)

ジョン・カーニー氏レクチャー

今年(2017年)の春は、「春のレクチャーまつり(🄫ペリエ北原)」と言わんばかりの外国人マジシャンのレクチャーが目白押しであります。
先日(2月18日)、私もその第一弾ともいうべきジョン・カーニー氏の名古屋レクチャーに参加してまいりました。
備忘のため、以下レクチャー内容を記載しておきます。

・Caffeinated Cups & Balls

コーヒーカップとブドウを使ったカップ&ボールの手順。
取っ手のあるカップならではのハンドリングが面白いです。
カーニー氏のファイナルロードについての考え方も勉強になります。

・Silver and Glass
コインの出現、グラスへの飛行、消失、フラリッシュ的な出現の手順。
持ち手のあるシャンパングラスの特性を上手く生かしたハンドリングが巧妙です。
氏の説くフィンガーパームの有用性についてのお話も納得。

・Halves in the Mist
2枚のコインを使ったハンギングコインの手順。
とても不思議ですが、難易度高ぞ(^_^;)
カーニー氏自身も「すぐ出来ると思うな」と仰ってました。「無理だと思った技法でも、毎日練習すれば少しずつ成功率が上がり、いつかノーミスで出来るようになる。自転車に乗るのとと同じように」というお言葉が胸にしみます。

・Just a Cigar
小さなコインパースの中から葉巻(木製のイミテーション)が出てきます。その葉巻をポケットにしまいますが、再び出現します。何度ポケットにしまっても手の中から出現します。その葉巻を手の中に握りこむと消えてしまい、コインパースの中から出てきます。
コインパースから中に入るはずのない長物が出てくる、というおなじみの一発芸的なマジックが見事な手順になっています。

・Inscrutable
術者は1組のデックをカットしてAを取り出す、と言いますがAのかわりにジョーカーが出現します。「ジョーカーはいつも邪魔をする」と言ってジョーカーを裏向きにして卓上に置き、もう一度Aを出そうとしますが、やはりジョーカーが出てきます。ジョーカーを置き、再びAを出そうとチャレンジしますが、またしてもジョーカーが出てきます。さらにもう一度チャレンジしますが、やはりジョーカーが出てきます。しかし、最後に出現したジョーカーで卓上の3枚のジョーカーをすくって表向きにすると、4枚ともAになっています。
要は4回スイッチを行うのですが、無理のないハンドリングになっています。2回目のちょっと図々しいスイッチの方法が面白かったです。

・Bullet Train
4枚のAを使ったカードアップザスリーブ。
最後の飛行の部分の図々しい方法がユニーク。

・Laipzig-Skinner Surprise
デックをリフルして観客にストップをかけてもらい、そのカードを覚えてもらいます。トップとボトムに観客のカードがないことを確認した後、デックを裏向きに観客の手のひらの上に置きます。おまじないをかけてからデックのボトムカードを見ると観客のカードです。もう一度やってもやはりボトムに観客のカードが出現します。さらにもう一度行いますが、今度は観客のカードが出てきません。しかし、術者がデックを手で覆うと、観客のカードが表向きで出現します。
シークレットムーブを行うタイミング、観客の視線の誘導が絶妙です。ただでさえテクニックのあるマジシャンに、完璧なミスディレかまされちゃうとグゥの根も出ません。ここらへんは現場での実践の回数が物を言うんだろうなぁ。

休憩なしでみっちり2時間、堪能させていただきました。ただ、ちょっと残念だったのは、参加人数が思ったより少なかった点。勿体ない!!

さーて、今週末はレクチャーまつり第二弾、ヨーキム氏だ!

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り手品製品