無料ブログはココログ

最近読んだ本

« ポール・ガートナー氏レクチャー | トップページ | カール・ヘイン氏、ジョン・ボーン氏浜松レクチャー »

2017年3月31日 (金)

Easily Influenced

先日(2017年3月26日)、沼津のマジックバー、コットンさんで「ダローのマジックを楽しむ会」が開催されました。
この会は、2月に亡くなったダロー氏の大ファンである研究家の松尾譲治さんとゆうきともさんが発起人となり、お二人がダロー氏の経歴や代表的な作品などを発表する、という会でした。途中、ふじいあきらさんによるダロー氏直伝の3Flyの未発表手順の実演などもあり、非常に内容の濃い会となりました。
また、松尾さんやゆうきさんのダロー愛も感じられ、胸が熱くなりました。

で、そんな会に参加するにあたり、過去のダロー氏関連のディーラーズアイテムを何点か持参しようか、と思い抽斗の中をいろいろとひっくりかえしていたときに見つけたのが、今回ご紹介する「Easily Influenced」です。
Easily_influenced 現象:
1組のデックから2枚のカードが選ばれます。術者は、封筒から3枚のカードを裏向きに取出し「この3枚は他のカードから非常に影響を受けやすい性質を持っています」と言って、選ばれたカードのうちの1枚を足します。カードを表向きに広げるとすべて同じ数字です。そのカードを取り去り、もう1枚の選ばれたカードを足して広げると、先のカードとは違う数字にもかかわらず、3枚とも同じ数字になっています。「色も影響します」と言ってまた元のカード(赤いカード)に変えると、3枚とも赤いカードになってしまいます。さらにカードを2枚目のカード(黒いカード)に変えると、3枚とも黒いカードになってしまいます。「影響を与えるカードがないと3枚は混乱してしまいます」と言って、選ばれたカードを2枚ともしまってしまうと3枚のカードはマークも数字もごちゃごちゃになってしまいます。
現象説明を読むのが面倒な方は、ご本人の実演映像をご覧ください。

通常、デバイデッドカードを使用した変化現象の場合、変化は1回だけですが、巧妙な手順構成で3回変わったように見えるのがミソ。また、この手のギャフカードは、当然全面は見せられないのですが、「ごちゃごちゃになった」との理由付けで堂々と全面を見せてしまう、というのも賢いところ。特別なカウントなども必要なく、文字通り「Easily」に演技できます。
ずっとしまい込んでいましたが、この機会にまた、演じてみようと思います。

« ポール・ガートナー氏レクチャー | トップページ | カール・ヘイン氏、ジョン・ボーン氏浜松レクチャー »

マジック」カテゴリの記事

マジックグッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211343/65091036

この記事へのトラックバック一覧です: Easily Influenced:

« ポール・ガートナー氏レクチャー | トップページ | カール・ヘイン氏、ジョン・ボーン氏浜松レクチャー »

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り手品製品